ホワイトニング治療後にはバニラアイスを食べるのがベスト?

歯の黄ばみや色素沈着を落とし、白く艶やかな歯に変えるホワイトニング治療、年々患者数が増えている審美歯科治療の1つです。歯のコンプレックスを解消できるとして人気のホワイトニング治療ですが、術後のケアを間違えてしまうと再び色素沈着に悩まされることになってしまいます。

ホワイトニング治療とはどのような効果があるのか、そして術後に気を付けたいポイントを確認してみました。

そもそもホワイトニング治療とは

ホワイトニング治療とは通常の歯磨きでは落とせない、歯についた色素沈着を解消する歯科治療です。審美歯科治療となるので、一般歯科では行われていないケースも少なくありません。過酸化水素という酸化作用を持つ薬剤を配合したホワイトニング剤を歯に塗布し、その上からハロゲンライトやレーザーを照射するという施術を行います。

ハロゲンライトやレーザーを照射するのは熱によって、よりホワイトニング剤の酸化作用が強まるからです。この酸化作用によって歯の色素を分解し、白くツヤのある状態へと変えて行きます。このような治療法はオフィスホワイトニングと言われており、歯医者さんで治療を受けることになる施術法です。

ホワイトニング治療には歯医者さんではなく、自宅でのケアで歯の色素を取る治療法もあります。ホームホワイトニングという治療法で、自分でケアし少しずつ歯を白くしていくホワイトニング治療です。最初に歯医者さんでマウスピースを作成し、ホワイトニング剤を購入したら後は自宅でのケアとなります。

どちらのホワイトニング治療を選ぶかは、予算や効果などを比較して決めると良いでしょう。

ホワイトニング治療後の歯の状態

ホワイトニング治療を受けた後の歯は、再び色素沈着を起こしやすい状態にあるので注意が必要です。ホワイトニング治療直後は歯のエナメル質を覆っているぺリクルが剥がれています。ぺリクルはタンパク質の1つで、エナメル質の保護膜となっているものです。

保護膜であるぺリクルが剥がれてしまっているので、いつも以上に歯の表面に色素物質が入り込みやすい状態となっています。ただ、剥がれてしまったぺリクルは、ずっと剥がれているという訳ではありません。ホワイトニング治療によって一時的に剥がれてしまうものの、約12時間から24時間程度で再生されるので安心しましょう。

ただ、ホワイトニング治療直後はぺリクルの剥がれによって、色素沈着を起こしやすい状態にあります。この期間に歯に色素が付着しやすいことをしてしまうと、急激に再沈着を起こしてしまうのです。

せっかくホワイトニング治療を受けたのにも関わらず、すぐに歯が黄ばんでしまっては元も子もありません。また、ホワイトニグ治療は健康保険が適用されない治療でもあるので、ある程度の費用がかかります。少しでも長く歯の白さをキープしたいと考えるのであれば、術後にどのようなことをしたら色素沈着を起こしやすいのかをチェックしておく必要があると言えるでしょう。

治療後は色素沈着を意識した食事をすることが重要

ホワイトニング治療後に、急激な色素沈着を起こさないためにはタバコや口紅を塗るといった行為を避ける必要があります。タバコはニコチンや口紅に入っている色素が歯に付着することで、一気に再着色してしまう危険性があるのです。

また、注意したいのが食事の内容です。歯の色素沈着が起こるのは、主に食べ物や飲み物に含まれる色素が原因と言われています。ぺリクルが剥がれたままの状態になっている、ホワイトニング治療後の約12時間から24時間以内は特に食事によって、色素沈着を起こしやすくなるので注意が必要です。

タバコを吸う・口紅を塗るといった行為は人によってしないものの、食べ物や飲み物を口にするというのはどんな人でも必ず行います。ですので、ホワイトニング治療後は、色素沈着を意識して食事をすることが重要です。

「ホワイトニングコスメに利用される成分と選び方」

ホワイトニング治療後に向いている食品とは?

では、どのような食べ物や飲み物であればホワイトニング治療後の、急激な再着色を防ぐことができるのでしょうか。治療後、口にする食べ物・飲み物はできるだけ色素が入っていないものがおすすめです。例えば、アイスクリームを食べるのであれば、チョコレートアイスや抹茶アイスではなく、バニラアイスを選びます。

チョコレートアイスに抹茶アイスは再着色を起こしやすいですが、白いバニラアイスであれば安心して食べられます。パスタを食べるときも、白いカルボナーラなどを選ぶと良いでしょう。トマトソースなど色が濃いパスタソースも、ホワイトニング治療後に食べる食事をしてはおすすめできません。

また食べ物だけでなく、飲み物も選ぶ必要があります。水はもちろんOKですが、牛乳や豆乳といった白い飲み物であれば問題ありません。お酒も白ワインであれば、ホワイトニング治療後に飲んだとしても色素沈着の心配は無いので安心です。

とにかく、ホワイトニング治療を受けたら、白い食べ物・飲み物をチョイスすれば再着色を予防することができます。

ホワイトニング治療後に向いていない食品もチェックしよう

白い食べ物・飲み物であればホワイトニング治療後、口にしても問題ないことは分かりましたが、逆に口にしてはいけない食べ物・飲み物も詳しくチェックしておく必要があります。とにかく施術後は色素を使っている食品を口にするのはNGです。

レトルト食品や冷凍食品で食事をする場合、パッケージに記載されている成分表を見て何かしら、色素が含まれていないか確認すると良いでしょう。食べ物だけでなく飲み物や調味料といったものにも注意してチョイスする必要があります。

コーヒーやお茶、カラメル色素が入っているジュースなどは色素沈着を引き起こす元です。ワインも白ワインであればOKですが、ポリフェノールを多く含む赤ワインは飲むと再着色を招きます。意外と忘れてしまいがちなのが調味料で、醤油やソース、ケチャップにわさびといったものも口にしないほうが良いと言われています。

さらに、注意したいのが果物です。ブルーベリーやいちごといった色素を含む果物もホワイトニング治療後には、できるだけ避けたい食べ物です。もし、どのような食べ物・飲み物を口にすると再着色を起こすのか調べるのが面倒という場合は、白いシャツにつくと選択しても落ち難いものかどうかで判断すると簡単です。

洗濯で落としにくい食べ物・飲み物は色素沈着を招きます。このような食べ物・飲み物に注意して、ホワイトニング治療後の食事内容は決めると良いでしょう。